前へ
次へ

小児医療に携わる二つの道

医療従事者として小児医療に関わっていく道は二つあります。
診療科としても病院では二つに分かれているのが通例で、ICUに所属するか小児科で働くかの二通りの選択肢から選ぶことが重要です。
ICUは通常は年齢を問わずに救急救命のための治療を行うための組織となっていますが、さらにPICUとして小児専門で運営されている病院もだんだんと増えてきています。
小児が救急車で運び込まれるようなケースでは対応の仕方も大人と同じようにはできないことが多いため、専門のスタッフを置くようにしている病院が多くなっているのです。
迅速な判断力が求められるのがPICUに所属する医療従事者に共通することで、特に医師と看護師の責務はかなり大きなものになります。
一方、小児医療のもう一つの選択肢である小児科の場合には幅広い疾患を担える必要があるものの、PICUほどに迅速さが求められることはあまりありません。
ただし、小児とのコミュニケーションを求められるという点には留意しておきましょう。

Page Top