前へ
次へ

小児医療に携わる二つの道

医療従事者として小児医療に関わっていく道は二つあります。
診療科としても病院では二つに分かれて

more

小児医療が看護師の間で人気がある理由とは

看護師が小児医療に携わりたいと考えるケースは多く、小児医療の中心となっている小児科には高い人気があり

more

小児医療施設を経営していく時の工夫

小児医療施設を経営していく時には、少しでも子どもが受診しやすく子どもを育てている親から高評価をもらう

more

小児医療を希望する看護師が多いのはなぜか

小児医療に携わるために病院やクリニックで小児科を選ぼうと考える看護師が多くなっています。
小児医療では成人に対する医療とは違う面が多く、専門的な知識とスキルが求められるため、他の診療科で仕事をしてきた看護師であっても一から勉強しなければならないことがたくさんあるのが通例です。
そのため、小児科を目指すなら初期に専門を決める段階から選択しておくのが重要とされています。
小児科では小児に特化した疾患について詳しくならなければならないだけでなく、成人と違って自分の容態を正確に説明できない子供だったとしても問診や観察によって状況を判断できることが必須です。
さらに、小児は体力的にも成人より低いことが多く、免疫系の活動が年齢とともに大きく変化するので感染症やアレルギーなどへの対処では細心の注意が必要になります。
現場経験がものを言うという点でキャリアがある看護師は重宝されるようになっています。

http://kanographics.com/
加納グラフィックスでは、ホームページの制作以外にグラフィックデザインの制作もしています。

東京での新生活のお手伝い
アクティブ感動引越しセンターがこれからの暮らしをサポートします

実用性+安全性を実現!
使い続けられる電解次亜水をご提供しています

エアコンから水が落ちてくる
その悩み大阪のエアコンクリーニング業者が解決します

このような過酷な現場環境があるにもかかわらず、小児医療に携わりたいという看護師が多いのには理由があります。
看護師の大半は女性で、近い将来には結婚して子供を授かり、子育てをしていきたいと考えている人が多いのが理由です。
自分の子供が生まれたときに適切な形でコミュニケーションを取るためのトレーニングを積むことができるのが小児科の魅力です。
また、子供の容態が思わしくないときにどんな対処をすれば良いかを現場で働きながら覚えていくことができます。
すぐに応急処置を行えることもあれば、一刻も早く病院に連れていくべきだとわかることも、明日まで眠らせておけば大丈夫だと判断できることもあるでしょう。
大切な子供を育てる前にしっかりと経験を積んでおきたいという考えで小児科を選んでいるのです。
このような考えで看護師が集まっていることから小児医療における看護師のレベルは高い水準にある現場が多く、幼い子供達の医療を支える重要な役割を果たしています。

Page Top