前へ
次へ

小児医療が看護師の間で人気がある理由とは

看護師が小児医療に携わりたいと考えるケースは多く、小児医療の中心となっている小児科には高い人気があります。
病院でもクリニックでも小児科は比較的看護師が充足している状況があり、求人は獲得競争になっていることも地域によっては珍しくありません。
このような傾向があるのは看護師には女性が多く、これから子供を授かろうとしている若い女性が中心的な役割を果たしていることに起因しています。
小児医療に携わり、看護師の立場からどのような看護をしていくべきかを実践的に学んでいくと、将来的に自分の子供の様子がおかしいときにどんな対処をすべきかを判断できるようになるでしょう。
プライベートとの関わりを考えた上で小児医療に携わるのがベストだと考える看護師は多いのです。
このような視点で小児科を希望する看護師は街中にあるクリニックや地域医療を担う小病院のように身近な病気を患っている小児のケアをしている現場を選ぶ傾向が強くなっています。

Page Top