前へ
次へ

遊びながらの小児医療を提供

レクリエーションは小児医療でも行われていて、 スポーツなどのアクティブな遊びを通じて、親子と医療従事者との交流を深めるイベントにしています。
親も医療従事者も、我が子や病室で仲良くなった子供達の役に立ちたいと切に願っています。
乳幼児でも、寝返りや起き上がり、立ち上がり、そして歩行などの日常生活に難が生じる病気、怪我をすることだってあります。
動きたいのに、基本動作ができない苛立ちを涙やわめきなどで表現しますが、小児医療でなら、身体の基本的な機能回復を理学療法士が支援します。
大人と違い、運動療法もレクリエーションとして楽しみながら行います。
それこそ、継続して訓練しなければならないからです。
もちろん、麻痺が残ることもあるため、小児医療にも電気刺激や温熱機器を使用して、機能回復を図っています。
そうした頑張りを幼い子供達は乗り越えています。
成果が出るなら、飛びっきりの笑顔を家族や医療従事者に向けてくれます。

Page Top